秋の陽射し

e0212037_21541877.jpg

いつになるのか見当もつかなけれども、リビングの窓から藤色の花房が垂れている様子が見られたらいいな、と植えた藤の株。
その頃には目隠しのためのレースも外せるかしら・・・。

板壁に影を落としているウワミズザクラは、自生している何本かの一本です。


e0212037_22275513.jpg


一番大きなウワミズザクラの木の枝には、バードフィーダーを下げて小鳥たちを呼んでいます。
落葉が進み、森の中の見透しが良くなった頃だったでしょうか。
夏の間姿を消していた小鳥たちが、また集まるようになりました。

野生なのだからほどほどに、と思いつつも「おかわり」まであげてしまいます。
彼は、甘やかしている、と呆れますが可愛いのでついつい・・・。

ひまわりの種をのせたテラコッタのお皿の上の子は、わたしたちが「ひょん」と呼んでいるヤマガラです。
ニックネームの由来を「ひょん」が知ったら、怒ることまちがいなしです。





[PR]
# by blackbird9280 | 2016-11-03 22:52

カツラの黄葉

e0212037_23022217.jpg

撮影したのが10日ほど前。その後まもなく、この秋初めての霜に当たったこのカツラは、美しい黄葉をあっという間に散らしてしまいました。
そこら中に漂うカツラの葉の甘い香りを楽しみながら、庭仕事に精を出す時間は秋の醍醐味です。


e0212037_23050416.jpg

春に購入したクラブアップルは、夏の雨にやられて早々に丸裸になってしまい、可愛い実はほとんど手に入らず・・・。
淡いピンクが入ったりんごの花を来春見ることができるのか、甚だ心許ないわたしです。


おまけに、球根はまだ植えていません・・・。


ああっっ!




[PR]
# by blackbird9280 | 2016-10-31 23:44

お疲れ様!


e0212037_09023349.jpg


素敵でした、真央ちゃん・・・。
「リチュアルダンス」、ショートもフリーもどちらのプログラムも大好きです。

膝の痛みが少しでもやわらぎますように。



[PR]
# by blackbird9280 | 2016-10-23 09:18

発見

e0212037_23261390.jpg

こぼれた実を熱心についばむ小鳥たちのおかげで、葉を落とした後の紫蘇の姿の美しさに気がついたこと。
秋丁子という名のシソ科の植物が、とても自分好みであるにもかかわらず、今まで知らずにいたこと。
日がずいぶんと短くなって、そのおかげで影の存在感が増していたこと。

こんな小さな発見が、暮らしをわくわくさせます。

e0212037_00042243.jpg



それから、前回記事にした北側の風景(写真を追加しています)。
あっという間に紅葉が進んできました。
これに関しては、わくわくだけではなくどきどきも混じってきます。

・・・球根!
早く植えないと・・・!!

そう、毎年繰り返している「どうしたって遅れがちな秋のひと仕事」があるからなのです。
大した仕事ではないのに、・・・ねぇ。



[PR]
# by blackbird9280 | 2016-10-20 00:13

2年経ち・・・

e0212037_14414601.jpg

前の庭から連れてきた、アナベル、ミケルマスデージー、秋明菊を株分けして、庭の小道沿いに何か所か植え付けておいたおかげで、今年の秋は、少しきれいな風景が生まれました。
植栽に、以前との違いはさほどないのですが、現在の庭に使っている黒っぽい浅間石が持つ雰囲気のせいか、心なしか和の香りがして(・・・しないかしら)、ここの風景には馴染んでいるんじゃな~い?、とひとりごちています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはまたあとで加筆します~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・と、一週間ほったらかしにしてしまいました。

個々の植物についてもう少し記したかったのですが、季節がいよいよ駆け足になってきているこの時期、片づけておきたい仕事が山のようにあり(これ、わたしの常套句ですね)時間が取れません。
という訳で、困ったときのイメージ写真(?)を追加して、お茶を濁します。

e0212037_21552734.jpg


[PR]
# by blackbird9280 | 2016-10-13 16:09