常緑クレマチス


e0212037_16082486.jpg


昨年のクリスマスイヴ、フラワーショップに並んでいた冬咲きクレマチス‘アンスンエンシス’を買い求めました。
仲良くして頂いているブロガーさんの冬の庭での常緑のクレマチスの使い方が、とても気が利いていて美しくずっと羨ましく思っていたのです。

-5℃くらいまではどうやら大丈夫そうなクレマチスなのですが、こちらの気候では耐寒性に不安があるので、もちろん外では無理だろうな、とこの場所にお迎えしました。
朝方、外気温が-10℃まで落ちても、なんとか1、2℃は保っているコンサバトリーの窓辺。
陽射しが注ぐ時間には18℃まで上がることもあります。

ほかほかです。


e0212037_16024908.jpg


購入した行灯仕立てのクレマチスにはたっぷりのつぼみがついていたので、下手にいじらず、今年はこの形でお花を楽しんで、と思っていたのですが。

・・・が!

e0212037_16030853.jpg


お正月が過ぎてぽかーんと静かな日々が続いたある時、無性にこみあったつるをほどきたい衝動にかられ、2メートル以上の細い枝が幾重にも巻きついた白いお花のかたまりを、3日間(・・・!)かけて解きほぐし、恐る恐る窓辺に誘引してみました。



e0212037_16032794.jpg


はーーーーーーーーっ!

・・・この清らかな美しさよ。
来年の冬もまたこのクレマチスがわたしを慰めてくれますように・・・。


ぱんぱん!


かしわ手を打ちました。






[PR]
# by blackbird9280 | 2017-02-06 21:16

ちゃぽん

e0212037_23202127.jpg



少し家を空けていてブログの更新ができないでおりましたが、わたしはすこぶる元気です。

写真は、先日遊びに来ていた次女のはりねずみ、つくしちゃんの入浴シーンです。
洗面ボールに浅くお湯を張り、歯ブラシで硬い毛を撫でるようにごしごし。
いつものお風呂と勝手が違うのが不安だったようで、つくしちゃん、つるつる滑る洗面ボールを慌ててよじ登り、こんな風に縁につかまりました。
その様子があまりに可愛らしくて、ついつい娘と笑いながら写真に収めたのですが、この表情はきっと何かを訴えていたのだなぁ、と今さらながらちょっと反省・・・。




[PR]
# by blackbird9280 | 2017-01-29 23:59

2度目の雪景色

e0212037_21505862.jpg


3連休に帰省していた次女が東京に帰る日の朝のこと、前日からちらちら舞い降りていた雪が今シーズン2度目の銀世界を見せてくれました。
雪景色を喜ぶ娘は、あっという間にわたしのダウンジャケットを着こんで外に飛び出し、雪遊び。
そして・・・、「雪だるまを作る!」。
もしも一緒に帰れていたなら、相手は間違いなく大好きな彼女の姉だったはずですが、残念ながらその姉はとても大切な仕事を抱えていたので、湿った雪玉を一緒にころころころがしたのは夫でした。
・・・わたしではなく。

ふたり仲良く作ったちょっとたれ目の雪だるまが、今も玄関前で愛想を振りまいています。
日中の陽射しで少しずつ痩せてはきているけれども、しばらくは小鳥たちといっしょに、わたしに元気を与えてくれそうです。






[PR]
# by blackbird9280 | 2017-01-12 22:30

新しい年に・・・

e0212037_22153387.jpg


明けましておめでとうございます、を言いそびれているうちに昨日が小寒。
なんと、-10℃まで外の気温が下がっていた今日の朝です。

e0212037_22160518.jpg

辛うじて残っていたカシワバアジサイの葉に霜が降りて、かりん、ぱりん。
美味しそう、と思わず独り言が出てしまいます。

もともと独り言が多い方なのだと思うのですが、近頃のわたしが意識的に心がけていることのひとつが、思いを口にする、ということです。
なんていうか、・・・・・・老化防止・・・・・・?


それにしても。


老化、とか加齢、などという言葉を素直に口にできないわたしは、年齢に反した若さの追及をする人たちを笑えないんじゃないの、なんて思う年の始めでございます。・・・ふふ。

年齢に抗わず、上手に年を重ねていきたいものだ、とも、思ってはいるのですが。

・・・難しいわ、とっても。

e0212037_17354185.jpg

新年早々、さえないつぶやきになってしまいましたが、今年も庭造りをメインに、のんびりブログを更新したいと思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。





[PR]
# by blackbird9280 | 2017-01-06 17:56

樅のリース

e0212037_22044652.jpg

氷点下の朝の風景の中で、庭の樅の枝が粉雪をまとったようにきれいです。
毎日のように散歩をする森の中にもあちらこちらに大きく育っている樅は、秋から今の時期にかけて業者さんに芯止めやら枝払いをされてしまうので、嬉しいことにたくさんの枝が手に入ります。
・・・もちろんタダでね。

かごいっぱいに頂戴してきた樅の枝と、一枝200円也のユーカリを所々に加えながら作ったリースがこれ。

e0212037_21591584.jpg

もう10日以上経っていますが、北側に向いたドアに掛けているので陽射しで傷まないせいかフレッシュです。
いっそこのまま、このリースでお正月も迎えちゃう?
いやいや、そうはいかないのが、いろいろな文化がしっかり両立してしまっている日本の暮らしです。


クリスマスが終わったら、これはどこに飾っておこうかしらね。




[PR]
# by blackbird9280 | 2016-12-19 23:57