<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大きな木の下

e0212037_227134.jpg


日に何度も窓から覗き込む風景を、反対側から眺めるとこんな感じです。
一番大きなウワミズザクラの木の下の、寛ぎのスペース。




[PR]
by blackbird9280 | 2016-05-30 22:31

利休梅と春の花

e0212037_21365549.jpg

まだチューリップが・・・!?とびっくりされたでしょうか。
利休梅やすでに咲き終わった雪柳の足元で、咲いている黒チューリップです。
昨年秋に、たまたまお店で手に入ったもので名前が出てこないのがもどかしいのですが、色味も姿も、毎年咲かせていたクイーンオブナイトに似ています。
e0212037_2205648.jpg

ここ2、3日の気温の上昇は、さすがに春の常連さんの容色を損ね、アジュガ‘チョコレートチップ’も、
e0212037_21405539.jpg

フロックスストロニフェラも、
e0212037_2142739.jpg

プリムラも・・・、実はもうこんな感じではないのですが。
e0212037_21522094.jpg

黒のビオラだけはまだまだ咲き続けそうです。

毎年、気に入った新しい品種を庭に取り入れてみたり、思ったほどではなくてがっかりしたり、ということの繰り返しを続けていたわたしですが・・・。
この庭ではそういうことから少し離れたいと思っていて、前の庭から無理をして連れてきたたくさんの可愛い子たちがこちらの厳しい冬に淘汰されたことを機に、もっと意識的に環境に合った植栽を心がけようと考えています。

そんな訳で、庭造りからちょうど1年経過した今年の春の面々は、本当に強健な子ばかりです。




[PR]
by blackbird9280 | 2016-05-25 22:30

ズミと球根たち

e0212037_20371545.jpg


ご近所さんに分けて頂いた我が家の株立ちのズミは、その方の広大な土地の一角(写真上)から、昨年初夏に重機で掘り上げられて運ばれてきたものです。
コリンゴ、コナシ、ミツバカイドウなど多くの呼び名を持つりんごの近縁種であるこの木は、この辺では珍しいものではないらしく、お散歩していていると10メートルくらいに育った大きな樹冠に出会え、その美しさにうっとりします。

前回、自生する5本のウワミズザクラの木に対して、5月のわたしの庭をまっ白に染め上げてくれますようにと願ったばかりですが、ズミもいいです。
ズミの方が明るさがあります。
うーーん、迷ってしまいますね。
自然にお任せしましょう、とメモしておきます。

球根を仕込んだ昨年の秋、庭の骨格がまだ出来上がっていなかったので、以前の庭のような植え方をした黒チューリップや水仙やムスカリが、自然に囲まれたここの風景には少し違ったなぁ、と思ったことも・・・。





[PR]
by blackbird9280 | 2016-05-17 21:47

ウワミズザクラ

e0212037_23141298.jpg

e0212037_23144156.jpg


英名がジャパニーズバードチェリー(Japanese bird cherry)と知って、ああ、だから・・・!
小鳥たちがこの木にたくさん集まるのはそういう訳ね、と納得。

このウワミズザクラが、ガレージ脇に1本。
それから、これほどは大きく育ってはいないものの、あと4本のウワミズザクラが敷地には自生しているので・・・。

わたしがおばあさんにならないうちに、できるだけ早く大きくなって、5月の庭を真っ白に染め上げて欲しいものだと思っています。

そして・・・。

小鳥たちの楽園を作るのさ。



ふふふ。




[PR]
by blackbird9280 | 2016-05-15 23:42

ジューンベリーと原種チューリップ

e0212037_2121393.jpg

4月末、ご近所の淡いピンクの山桜が終わりを迎える頃、ウワミズザクラとハルニレに囲まれた我が家のジューンベリーが白い花を咲かせました。
遠目には桜か何かに見えるようで、お散歩の方に何度か尋ねられました。
人気の花木なので皆さんご存知かと思いきや、まだそれほどは周知されていないのでしょうね。
それでその度に花の美しさ、実の可愛らしさ、美しい紅葉、耐寒性の強さについて語り、是非お庭に1本と相手の方に勧めながら、我が家にもあと1、2本は欲しいのよね、などと思っているわたしなのです。

途方もなく大きな庭ではないのにどうしても木の本数を種類ごとに2本以上揃えたくなるのは、その方が絵的にまとまりが良くなるからですが、特にジューンベリーが開花する時期はまわりの木々がゆっくりと芽吹くので、緑の分量が少ない分、その効果を発揮するような気がします。

e0212037_2324043.jpg


玄関前のヤマボウシの根元には、小さくて可憐なチューリップ。
ようやく好みの色を見つけたので、昨年初めて植えてみた原種系です。
名前はブルーアイズだと思ったのですが、検索してもヒットしないので甚だ怪しい感じ。

e0212037_21221340.jpg



こちらは終盤の様子です。
突然初夏のような陽気に見舞われたり突風に痛めつけられたりで、開花期間が縮まったのではないかと思います。
1週間から10日間が見頃でした。それともそんなものかしら?

いつもの品種とは違う黒チューリップも遅れて咲いていますが、それは次回に・・・。





[PR]
by blackbird9280 | 2016-05-09 23:23