<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アナベルと鉄砲百合

e0212037_2174653.jpg

            そーっと覗き込んでみましたが・・・、アナベルの妖精はいませんね。

e0212037_21112382.jpg

            ジューンベリーとビバーナムの間で、アナベルの白い花房がいくつも並び、
            裏庭の景色もいよいよ夏らしくなってきました。
            挿し木で少しずつ増やしたアナベルは、今年は6か所に植えてあります。
            写真右手前のフロックスも、じきに、まっ白なお花を咲かせそう。

e0212037_21121619.jpg

            白いお花たちの競演を愉しみに、やはり庭のあちこちに群生させている、
            鉄砲百合の‘トライアンフ’や‘トラインファター’は、
            見頃がなんと雨が続く先週にぶつかってしまい・・・。
            支柱の助けが要りそうな、滴で頭を重そうにしているアナベルと共に
            本当に気の毒でした。

e0212037_21172928.jpg

            水切れに弱いユーパトリウム‘チョコラータ’は、・・・やはり嬉しそうよね。
[PR]
by blackbird9280 | 2013-07-25 21:41 | Trackback

裏庭で咲く7月の花たち

e0212037_21293751.jpg


e0212037_22134559.jpg

e0212037_2254726.jpg

[PR]
by blackbird9280 | 2013-07-23 22:17 | Trackback

‘アルベリック・バルビエ’とスカシユリ

e0212037_1618317.jpg





e0212037_16224385.jpg
e0212037_16195589.jpg






















6月29日、ガレージの壁面で咲くアルベリック・バルビエの可愛いこと。
グラミス・キャッスルやマダム・アルディの整ったお顔の後ではしどけなくも見えますが、
本人はそんなことちっとも頓着せずに、のんびり、ふんわり、夕陽を浴びています。


最初に植えた場所が、東側のヤマボウシの木の下だったせいもあり
人知れず咲いては、ひっそりと散っていくような不遇のばらだったのだけれど、
この場所に移植してからは、ばらの季節の最後を飾るお役目が誇らしそうです。


e0212037_1648988.jpge0212037_16482294.jpge0212037_1648379.jpg















アルベリック・バルビエが終盤に近づくと、北側の玄関前ではスカシユリや白のアジサイが。

と、ここまで記事を作って、昨年の様子をチェックしたら、ほとんど変わり映えしない内容になっていて苦笑・・・。

違うところは、昨年の21日には終えたらしいポールズ・ヒマラヤン・ムスクの剪定が、
今年はまだ、一部残っているということ・・・。

う~~、頑張らなくちゃ。
梅雨が明けちゃうよぅ。



               今日はもうひとつ記事が続きます・・・。     おそらく。
[PR]
by blackbird9280 | 2013-07-23 18:21 | Trackback

ヘリテージとジューンベリー

e0212037_2334665.jpg





e0212037_23562834.jpge0212037_23564940.jpg























6月25日に撮影した、ヘリテージ。
今年は、つるばらの群星と競演できました。
ゲラニウムの‘ジョンソンズブルー’やサンギネウム・アルバ、
それからキャットミントとともに。
e0212037_0292151.jpg

こちらは同日のジューンベリー。
板塀に囲まれた角に植わっています。
ナツヅタやアナベルの葉と、トーンが同じグリーンなので、写真ではよくわからないかもしれませんね。
厚顔無恥なヒヨドリとの争奪戦を繰り広げた結果、ようやくこれだけ収穫しました。
娘たちが夏休みで帰省したら、ジャムにしてあげようと、冷凍保存をしています。

さて最後は、現在の裏庭。
ばらの後は、アナベルやカシワバアジサイが清々しい白を演出します。

ああ、こちらが落ち着くわ・・・。

e0212037_152818.jpg

[PR]
by blackbird9280 | 2013-07-18 01:06 | Trackback | Comments(19)

マダム・アルディとレーヌ・ヴィクトリア

e0212037_21243349.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真は何とか撮っていたものの、
時間の余裕がなく、記事にできなかった6月の庭を
記録のために、振り返りたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは6月17日のマダム・アルディ。
グリーンアイが映える、白のクォーターロゼット咲き。
ノルウェーカエデ‘ロイヤルレッド’の隣で
明るいグリーンの葉の中から、むくむくしたお顔が
たくさん飛び出しています。

e0212037_22165247.jpg

e0212037_05302.jpg

枕木の小道をパーゴラ側に進むと、なかなか大きくなれないつるばらのサマースノーのうなじが・・・。
夕陽が花色を浮き立たせるこの時間が、一番きれいに見えて、いつまでもうろうろしたくなるのはいつものこと。

e0212037_22482682.jpgパーゴラ全体を覆うように誘引した、
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクの最後のつぼみも開き、
全体の花色が一層淡く透き通るようになった6月の27日、
そのパーゴラの隅を借りて例年より遅れて開花した、
レーヌ・ヴィクトリア。

一足早く咲いてジュリエットの姿を探していた、ロミオこと
クレマチス‘ユーリ’と。
クリアピンクのコロコロもいいけれど、退色した様子も捨てがたい・・・。

e0212037_20531031.jpg


e0212037_23434942.jpg





[PR]
by blackbird9280 | 2013-07-10 23:53 | Trackback | Comments(18)

お出かけ

e0212037_2313428.jpge0212037_22304530.jpg










朝早い新幹線で東京駅に到着後、
三菱1号館美術館やKITTE(キッテ)で半日楽しく過ごし
夕方には新幹線で軽井沢へ。

1月に訪れたときに撮った同じ場所で、パチリ。
低い位置で幹が二股になっている、
通称‘双子の楡の木’を中心に
楓や白樺、樅の木がわたしたちを迎えてくれた。

また、来るね。
[PR]
by blackbird9280 | 2013-07-09 22:58 | Trackback