<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ルリマツリ(プルンパーゴ)ゆれて

e0212037_1020455.jpg



ルリマツリPulumbago auriculataの
爽やかなブルーをもう少し引き立てたくて、
裏庭から移動。

わたしの小さな庭で、
一番日当たりが良くて、風通しの良い場所です。






e0212037_10203371.jpg
          










掃きだし窓がリビングを繋ぐパーゴラの中央部に
室外機カバーを置き、
トップには、すぐ使えるようにとお料理用ハーブや
ちょこちょこ見て楽しみたい、旬のプランツを並べています。






e0212037_10205547.jpge0212037_1021899.jpg




















誘引したクレマチスの葉をバックに、ルリマツリがゆらゆら。
ここのコーナーが、急に明るくなりました。

隣には、ユーパトリウム‘チョコラータ’Eupatorium rugosum'Chocolate'が・・・。






[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-31 21:47 | Trackback | Comments(6)

晩夏のマチェドニア

e0212037_2323028.jpg


いつも作るものよりも、フルーツの数を増やして大きめにカットしたマチェドニア。
味付けはお砂糖とレモン汁、それからオレンジのリキュール、コアントローです。
本来はさくらんぼのリキュール、マラスキーノで風味付けをするらしいのですが
常備しているコアントローで代用して以来、我が家はコアントローを使っています。
いつか味の違いを確かめたいとは思っているのですが・・・。

e0212037_2325159.jpg


使ったフルーツは、いつもベースに使っているバナナと、
グレープフルーツのルビー(イチゴやスイカの赤がない時、見た目がきれいなので)
パイナップルにブドウ、それからキウイです。
仕上げに、庭のブラックベリーとブルーベリーをのせてミントをあしらいました。
収穫の時期は終わりましたが、ラズベリーやカシス(ブラックカラント)もいいでしょうね。

e0212037_233551.jpg


ちなみにマチェドニアは、マケドニアのイタリア語らしいのですが
これがなかなか覚えられなくて。
やっとスムーズに言えるようになった次第!

バーニャカウダ・・・もそうでした。

e0212037_2361837.jpg


日が没して、しばらくこんな可愛い色合いの空だったので
電線が邪魔しない場所まで車を走らせ、辛うじて収めた1枚。

無事にお留守番生活が終わりました。




                                                                                          
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-30 00:18 | Trackback | Comments(4)

庭仕事満喫

e0212037_2143204.jpg


    昨夜から夫が留守にしていて、月曜日の夜までわたしひとりです。
    留守番中は、うんざりするくらい庭仕事をしようと心に決めていました。
    さて、今日こなした仕事は・・・。

    薬を使わない方法でのイラガ退治。
    ヒメシャラの移植。
    カシワバアジサイ‘スノークイーン’の移植。
    ブラックベリーの移植。
    などなど・・・。
    この裏庭の写真の右手、パーゴラに向かって伸びる小道での奮闘です。

    日が落ちて、更に真っ暗になるまで仕事をし、
    家に戻ってまずお風呂に入りました。
    スコップを使う作業で、かなり汚くなっていたことと、
    誰もいないひとりの家で、遅くにお風呂を使うのが怖いことが理由です。

    きれいになった後、残りものの夏野菜のカレーとサラダで夕飯にしました。
    あとは眠くなるまでこうしてパソコンに向かったり本を読んだり。

    この家で、たったひとりで夜を過ごしたことが今までなかったので
    不安な気持ちで夫を送り出したわたしですが
    初日は、こうして望み通りの一日を過ごすことができました。
    幸せ。

    このまま、
    あんなことや、こんなことが起きませんように・・・!




                                           
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-27 22:37 | Trackback | Comments(15)

ノリウツギ‘ライムライト’

e0212037_16253090.jpg


しとしとと雨が降り続くお庭で、最後に白い花房を見せてくれるのが
このノリウツギ(糊空木)Hydrangea paniculata 。
この花を見ると、いよいよ秋がやってくるんだな、としんみりします。

手折った一輪をごつごつしたグラスに飾り
暑さよ戻れとひとりごちるわたしは、なんて勝手なのでしょう・・・。

それにしても、この時期に素足にミュールでお出かけして
足が冷えてしまうなんて、これから先が思いやられます。

9月にはブーツを履いているかもしれませんね。
・・・ファッションとしてではなく。

ふ。
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-25 16:57 | Trackback | Comments(8)

雨に濡れる裏庭

e0212037_1352146.jpg


月に一度の古紙の回収がありました。
回収業者を特定するための紙に
毎回ひとこと、「苦労様です」と書いて玄関先に出しておくのですが、
お顔を見たことのないその業者さんは
いつも律儀に、「ありがとうございます」という文字とともに
多目のポケットティッシュをポストに入れて下さって・・・。

労いの気持ちに答えて頂ける事の嬉しさに、
ひとこと添えることが習慣になっていたわたしでしたが
さすがに近頃は、
余計な手間を取らせていることの方が気になりだしました。
こんな雨の日は更によねと思い、いい機会なので
作業中大変でしょうからお返事は結構ですよ、としたためてみました。


そうしたら。
いつもより更にサービスされたティッシュと、
やはり「ありがとうございます」のお返事。

あああ、申し訳ないです・・・。
結局、余計なことをしてしまうわたしです。


e0212037_13144965.jpge0212037_131564.jpg
















リグラリアLigularia dentata‘ブリット・マリー・クロフォード’のつぼみと
冬越しができた、ルドベキアRudbeckia‘チェリー・ブランディー’。
今年はレンガ色で咲いています。

e0212037_1353911.jpge0212037_1355845.jpg
















ルリマツリPulumbagoとフロックス・パニキュラータPhlox paniculata 。
お花だけ見ると同じ仲間に見えますね?

e0212037_136308.jpge0212037_1365050.jpg
















カシワバアジサイ‘スノーフレーク’とアナベル。
そろそろドライフラワーのアレンジメントができそうです。
でも、そうするとお庭の方は淋しくなるのですよね~。






                                           
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-23 13:19 | Trackback | Comments(6)

夏の終りのジェノベーゼ

e0212037_20195337.jpge0212037_20203434.jpg
















何日か続いた雨のあとの、晴れやかな青空。
収穫の時期を逸していたバジルをたっぷり摘んで
ジェノベーゼを作りました。(夫が・・・)

e0212037_20204981.jpge0212037_2021427.jpg
















たくさん作ったソースでパスタを。(これも夫が・・・)
ジャガイモとアスパラも入れてヴォリュームたっぷりの、家族4人のランチです。
残りは、今日、明日と帰って行く娘たちに持たせることにします。

パパが作ったジェノベーゼが
ひとり暮らしのこどもたちの、おなかと心を少しでも満たしますように…。




                                            
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-20 21:10 | Trackback | Comments(6)

雨の日

e0212037_16112740.jpg


自分の口を開かずとも、絶えず身近で誰かの会話が聞こえる生活。
春先まではそれが当たり前だったというのに、
5ヶ月足らずで
すっかり夫婦ふたりの暮らしが馴染んでしまったらしいわたしには、
何だかとっても不思議な感じです。

e0212037_16114372.jpg


誘いを断って、夫と娘たちを送り出した午後
朝から止まない雨を窓越しに眺めながらも、恨めしくも思わずにゆったりと過ごせるのは
キャンドルの小さな灯りと・・・
リキュールグラスに注がれた、これのおかげかもしれません。

e0212037_16115978.jpg


ブログを通じて仲良くして頂いているかたのご好意に甘えて頂戴した梅で、
梅酒の他に、今年は梅シロップも仕込んでみました。
たくさん作ったつもりでしたが
夏を乗り切るために大活躍をした梅シロップは、もうこれが最後です。

お水や炭酸で割らずに
リキュールグラスに氷をひとつだけ入れて濃い味を楽しみながら
つかの間の、
ゆったりと流れていくひとりの時間を心地良く感じた、
夏の・・・雨の日です。

e0212037_16142525.jpg





                                                
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-18 16:15 | Trackback | Comments(8)

真夏日が続き・・・

e0212037_20482771.jpg


楽しかった水遣りの作業に、義務感が生じ始め
ふぅ、とため息をつきながら、ジョウロを手にしています。

何とかテンションをあげなくちゃ。

木陰を提供してくれるのは、お迎えして10年ほどのスモークツリー‘フレーム’。
まだ小さな苗の‘ロイヤルパープル’や
仕立て直しに失敗してだめにした‘グレース’に比べると、
深みのない葉の色など、面白みに欠ける所もあるけれど
この大らかな成長ぶりが頼もしく感じられる、夏の暑い一日です・・・。


ふぅ。




                                            
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-13 21:43 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ・・・

e0212037_20272093.jpg


            ここに、

            外したアクセサリーや

            携帯電話なんかが

            ごちゃごちゃと並ぶ日がやってきます・・・。


e0212037_20273152.jpg


            夏休み。


                                                                 
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-11 20:54 | Trackback | Comments(8)

ホスタとタリクトラム・デラバイThalictrum delavayi

e0212037_20283549.jpg


庭造りを始めて間もない頃
ご近所の方に分けて頂いた何種類かのホスタの中のひとつ。
どんなに手荒に扱われようともすくすくと大きくなり
毎年株分けを繰りかえしているうちに、小さな庭になんと10株にもなりました。

e0212037_20265480.jpg


難点は、我が家のお庭ではきれいに咲かずに終わるつぼみが多いということでしょうか。
今年、そこそこ咲いてくれたのは雨が少なかったからなのか…。

e0212037_20273473.jpg


重宝しながら名前が特定できないでいるこのホスタの隣で咲くのは
カラマツソウとも呼ばれる、タリクトラム・デラバイThalictrum delavayi 。
どちらの名もわたしにはピンとこないのですが、
お花も葉のみの姿も可憐です。
大株になると見事らしいので早くその日がくるといいなと思っています。

e0212037_20263372.jpg


テッポウユリが終わった後、すっかり元の地味な小道に戻ってしまった裏庭のコーナー。

ああ…。



                                             
[PR]
by blackbird9280 | 2011-08-08 21:29 | Trackback | Comments(8)