<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ライラック‘マダムレモネイ’

e0212037_19485661.jpg 

今年の2月
例年にない大きな雪庇が
轟音と共にこのライラックを直撃したせいで、
90度に折れ曲がった状態で春を迎えたこの子は
いまだに、そのからだが前に傾いたままです。

矯正(他の言い方があるでしょうか?)のために、
シュロ縄で背後の窓から強引に引っ張られながら、
涙ぐましくも
わずかに残った花芽をこうして開花させた‘マダムレモネイ’の
同じ白でも、バックヤードで育っている
左下のライラックとは華やかさが違う八重の様子が
少しはお分かりになるでしょうか。

大好きな白花は、その美しさを写真に収めることが難しく
毎年残念に思っていたので、
今年は、撮影のために一房だけ切って
今にも雨がこぼれそうな、夕暮れのサンデッキで撮影しました。

   




e0212037_19495081.jpge0212037_1950995.jpg



グラスに挿したライラックを
家の中に持ち込むと、
強く芳しい香りが辺りに広がり
いつもとは違った
濃厚な空気に支配された、
・・・日曜の夜です。


<2014,5 追記>
マダム・レモネイからマダム・レモイネに名前を訂正いたします。


                                         
[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-29 22:12 | Trackback | Comments(4)

ふぁいと

e0212037_22541293.jpg
e0212037_22542636.jpg

                 仕事上の悩みを抱えている娘の
                 電話越しの健気な声が1日中頭から離れず、
                 気がついたら、わたし自身の悩みのようにちょっぴり憂鬱になっていました。

                 「ママと話すと元気が出る」と、わたしを頼ってそう言うけれど
                 その母は、
                 壁にぶつかって、もがいて苦しんで、そうしていつか乗り越える、というような
                 成長に大切なことを、ちっとも経験していないのですから。

                 さて、明日からはわたしも苦手なことに、もっと意識的に取り組んでみましょうか。

                 ママも頑張っているから、あなたもへこたれないでね、と
                 おおらかに言えるように…。
                 頑張って、と声をかけながら、後ろめたさを感じないように…。




[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-26 23:35 | Trackback | Comments(8)

ライラック‘センセーション’

e0212037_21473882.jpg

                何年か前、ただ同然で手に入れた、訳ありのライラック。
                園芸誌で見る写真とは違って、白の覆輪の内側が赤みのない紫色です。
                この色に魅かれて
                庭の花木は白花のみの植栽、というスタイルを変更したのでした。

                購入した時にわたしを魅了したそのお花も
                その後何年も見ることができず諦めかけていた今年、
                小さな小さなつぼみをつけて、ようやく花開きました。

                ポールズ・ヒマラヤン・ムスクが遠慮なく枝を広げた
                早春のようには陽射しに恵まれなくなったパーゴラで、
                コンテナに入れられたそのライラックは
                「長らくお待たせしました…」ともじもじ。

               
                やっと再会…!




[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-24 22:25 | Trackback | Comments(12)

コンテナのブルー

e0212037_0182226.jpg



         3日間ぐずぐずしていた空が
         今日、ようやく晴れわたる。

         バスケット型のコンテナに入った
         ムスカリやベロニカ‘オックスフォードブルー’と同じ
         青い空。

        











e0212037_0192553.jpge0212037_019078.jpg



夢中で土いじりをして
時間の迷宮に…。


5月は、
わたしが1年中で1番好きな季節。




[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-24 00:49 | Trackback | Comments(2)

雨模様の庭

e0212037_9403934.jpg
   

   
   

   ‘クイーンオブナイト’の黒い色が、
   沈んだ景色の中ではかえって浮き立っているように感じた
   今日の夕暮れ時の1枚です。
   
   
   
   チューリップに先行して咲いていた水仙も終わりかけ
   ジギタリスやレースフラワーが咲きだすまでは
   ムスカリやアジュガの‘チョコレートチップ’
   それからペリウィンクルや忘れな草、といった
   小さな子たちが、場をつなぎます。












e0212037_20423919.jpg e0212037_2043359.jpg
 


‘クイーンオブナイト’の
黒く染まる前のつぼみもきれいだったけれど、

どう?

なかなか凄みのある色ではありませんか。





[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-22 23:06 | Trackback | Comments(4)

夜のしじまに

e0212037_23362672.jpg
e0212037_23364377.jpg
e0212037_23573443.jpg



                     静まり返ったリビングで
                     カーラ・ブルーニのハスキーな歌声が響く。

                     ひっそりと・・・。
                     語りかけるように・・・。



                     夜のしじまに。



[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-20 23:58 | Trackback | Comments(6)

チューリップたち

e0212037_21403078.jpg
‘クイーンオブナイト’と同じくらい大好きな
‘ブラックヒーロー’。

やっぱり素敵。

下の写真の左が、‘レムズフェイバリット’と
右が‘アレクサンダープーシキン’。
どちらも今回初めてです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

強めの風が吹く中、脚立に乗って
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクの
誘引の一部手直しをしました。

すっかりできている枝の流れを強引に変える訳ですから、
あちこち引掻かれてひどい目にあいます。
おまけにわたしは高所恐怖症なので、
作業中は緊張感を強いられ、終わった後はへろへろ。





e0212037_2142422.jpge0212037_21414152.jpg

こんな日は、食後のお菓子の量がやたらと増えるのです…。




[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-19 22:34 | Trackback | Comments(4)

ノルウェーカエデ

e0212037_224324.jpge0212037_225413.jpg
















2年前に手に入れた、芽吹いたばかりのノルウェーカエデ‘ロイヤルレッド’。
名前に恥じない色合いが、なんて美しいことでしょう。
ひょろひょろした、まだ小さな苗だけれど、なかなかの存在感です。
これからゆっくりと、季節とともに渋みのある葉色に変化していきます。

そして、秋には芽吹きの色からは考えれないようなとても深い紫色になって
マムやミケルマスデージーと一緒に、冬に向かう庭を演出すると思います。

冬の落雪がひどい場所で、2度目の春を迎えられたことは、なにより。



[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-18 22:38 | Trackback | Comments(0)

黒チューリップ

e0212037_2364851.jpg


毎年、品種選びに苦労する
大好きな黒チューリップ。
昨年は迷った末に数種類を注文して
コンテナに仕込んだり、庭に植えたり。

この春を楽しみにしていたのですが
何が影響したのでしょうか。
芽が出なかったり、とっても小さかったりで失敗です。




e0212037_2343740.jpg




想像していた風景は作れなかったものの
この子は元気。
‘クイーンオブナイト’。

細身のシングル咲きは
裏庭の半日陰のこの場所で、
機嫌よく水仙と競演中です。
ダークになっていく様子が美しくて
毎日観察しています。




[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-17 23:28 | Trackback | Comments(0)

大切なもの

e0212037_23411379.jpgお花はもちろん好きだけれど、何より好きなものはやはり木漏れ日・・・。
パーゴラのこんな小さな空間にさえ、木漏れ日を見つけると嬉しくてたまらず、家事に集中できなくなるわたしです。

アイロン掛けをしていた手を休めて、幸福な一瞬をカメラに収めながらこれも移ろうもの・・・、といつまでもその景色に見惚れます。

庭造りへの欲は果てしなくあったけれど、先のことが見えてきたような気がするこの頃は、形にすることに躍起になるよりも、とりたてて変わり映えがないように見える日常の風景の中の小さな変化を楽しんだり・・・。
いえ、それよりも・・・。

今ここにある、そのことが、本当にしみじみ嬉しいような気がします。


e0212037_23413039.jpg


震災による、精神的な影響を強く感じながら先月読んだこの1冊は、静かにわたしの深いところまで降りてきて、今では大切な本になりました。

「日の名残り」で知ったカズオ・イシグロは、村上春樹と並んで敬愛する作家になりそうな魅力に満ちていたので、「わたしを離さないで」はとうに手に入れていたのだけれど、他にも読みたい本がたくさんあって、ついつい後回しになっておりました。
映画化されたということを知って慌てて読んだのは、まっさらな状態でこの作品を楽しみたかったから・・・。


もしも興味がおありでしたら、是非、原作を読んで頂きたいと思う1冊です。



                                              
[PR]
by blackbird9280 | 2011-05-16 00:40 | Trackback | Comments(4)