2011年 07月 27日 ( 1 )

夏のコンテナとロシアンセージ

e0212037_20283659.jpg

短いアプローチの一番手前に、シンメトリーに置いたコンテナ。
今年入手したばかりの、ぴかぴかの木のボックスです。

こちらでは耐寒性がないサルビア・ガラニティカSalvia guaraniticaをメインに
イソトマIsotoma axillaris
インパチェンスImpatiens walleriana ‘カリフォルニアローズ・フィエスタ・ホワイト’
(わかりづらいのですが、2枚目の写真には見えています)
ペチュニアPetunia‘ドレスアップラベンダー’
アイビー、ロベリアLobelia erinus‘チャーム・トランキルラベンダー’、
コリウスColeus blumei Benth‘ブロンズカンプ’の7種類を入れています。



e0212037_20285481.jpg





相変わらず地味な寄せ植えになっていますが、
こういう色合いが好きなので、飽きがこないし
何より落ち着くんですよね。

そんな、いつもと代わり映えしないはずの寄せ植えに、
今年ずい分お声を掛けて頂けるのは
多分に、新しく設置したグレーのコンテナの効果でしょうか。


e0212037_20292187.jpg








北側の玄関から東側に回り込むと、
このコーナーで高さを誇るロシアンセージPerovskiaが2株。


e0212037_20293212.jpg








家を建てて翌年にはこの場所に植えていますから、
かれこれ13年…?
わたしの背丈ほどに育っていて、
このあとアズレアセージやコバルトセージが咲きだす秋まで、
ずっとこの場所をこの爽やかな色に染め上げてくれます。


隣には、ブロンズフェンネルがやはり同じ高さで咲き始めましたが、
それは次回に…。                                              
[PR]
by blackbird9280 | 2011-07-27 22:21 | Trackback | Comments(12)