2011年 07月 04日 ( 1 )

セント・セシリア

e0212037_11514014.jpg

今年お迎えしたセント・セシリア。
欲しいなと思うイングリッシュ・ローズのひとつでした。

強健なつるばらたち、
それも白をメインに構成しているわたしのお庭では
花の形や色が似ていると思われる、
‘ヘリテージ’が大株になっていて
特等席であるホームタンクを囲ったラティス前を、
すでに占領しています。

ある程度の日照時間が与えられ
冬場、落雪の被害を免れる場所、となると
ふさわしい場所は他には探せないので、
そろそろバラの収集にも終止符を打つ頃かな、と
思っていた矢先、長い間の我が家の懸案事項
西側の日光ヒバについての処遇(まるで人ですね)が決まり
結果、ばらを植える場所が確保されることになったのです…!





e0212037_11523154.jpge0212037_11524547.jpg

震災の影響で、お願いしていた工務店に
なかなか来てもらえずにいたのですが
今月には、もしかしたら取り掛かれるかもしれません。

という訳で、嬉しさのあまり
見通しがついた先月に、いつも伺うお花屋さんで出会ったこの子と
もうひとりを連れ帰り
3日ほど前に、この麗しいお顔にはじめまして、ができたのでした。



あまりにも美しいので、斜めから近づいたりちょっと引いたり、たっぷり楽しみましたが、
雨があがった2日後にはすでに萎れていたセント・セシリア…。
バラゾウムシの仕業なのでしょうか、
あるいはヘリテージのように花持ちが悪いのでしょうか。

むむむ…!

e0212037_1153558.jpge0212037_11532361.jpg


そばでは、
今年買った苗のベロニカ・スピカタや
スカビオサ・オクロレウカ、
それから、昨年もお迎えした
1年草のディディスカス(ブルー・レースフラワー)なんかが
とても涼しげに咲いています。










                                            
[PR]
by blackbird9280 | 2011-07-04 13:01 | Trackback | Comments(8)