満開のコデマリ

e0212037_22195494.jpg


裏庭の大きなウワミズザクラの木の下で。
コデマリが満開です。

e0212037_23013423.jpg





[PR]
# by blackbird9280 | 2017-06-14 22:34

5月を振り返って 黒チューリップや小さな青花

e0212037_13065083.jpg


昨年は利休梅と一緒に咲いてなかなかいい感じだった黒チューリップ。
今年はジャーマンアイリスのそばで咲かせてみました。
葉の色がシルバーがかっている植物同士なので、咲き終わった後の、光合成によって球根を太らせる期間中の冴えないチューリップの姿が、次に咲き始めるジャーマンアイリスに紛れるんじゃないかと思って。
1年目ほどの大きさの花は望めなくても、翌年も咲くのなら試してみる価値ありです。
・・・と思うのですが、どうでしょう?
葉が黄ばんでくる頃には、近くのキャットミントやラムズイヤーが上手くカバーするはず。


e0212037_13072835.jpg


入口に置いてある花台には、冬の間ことりたちやりすくんがご飯を食べに集まっていました。
今はえさに困らないようで、お皿の上にはくるみやひまわりの種が残っています。

・・・ちょっと淋しい。


e0212037_13084464.jpg


シラーシビリカ、クロッカス、ムスカリ、アジュガ、フロックス、ペリウィンクル、忘れな草、ベロニカ‘オックスフォードブルー’・・・、わたしの庭では定番になっている小さな青花が、あちこちでちらちら咲いている姿が可愛い春でした。


ところで、わたしのヒヤシンスやスノーフレーク、ブルーベルはいったいどこに紛れてしまったのかしら。





[PR]
# by blackbird9280 | 2017-06-06 21:29 | Trackback

5月を振り返って ライラック

e0212037_22232012.jpg


ライラックが好きで前の小さな庭に何本か持っていました。
特に気に入っていた白花は大きくて運ぶことは無理でしたが、小さな苗を一本だけ選び新しい庭に移植したものの・・・。
ここかそれとも向こうかと、さんざんわたしの優柔不断につき合わされたライラックは、すっかりおかんむりの様子で今年も花を付けることなく、隣のソヨゴと一体化しています。

そんな話を近所に住む友人にしていたら、その彼女が切り花のライラックを届けて下さいました。
売り場に見つけた時には嬉しくて、もうあるだけ買ってしまったの、という話しが可笑しくて、しばらくわたしを和ませてくれたライラックです。

いつかは咲いてくれるであろうわたしのライラックも、確かこんな色だったはず・・・。






[PR]
# by blackbird9280 | 2017-06-03 23:00

クラブアップル

e0212037_22265029.jpg

昨年秋、いくつかの実はつけてくれたものの、木の状態が悪かったので来春の開花は甚だ心許ない、と記事にしていたクラブアップル。
実は北側のズミよりも早く連休明けからピンクのつぼみが見え始め、月の半ばには満開でした。

その時期キッチン西側の窓から毎日見ていた風景です。
家事の手を止めてはにやにや嬉しく眺めていたので、クラブアップルに穴が開いたかもしれません。



・・・まさか。


e0212037_22283962.jpg


夕方はまた夕方で惚れ惚れし・・・、

e0212037_22275667.jpg


あちらに回ったりこちらに回ったりと、いろいろな表情を目に焼き付けるのに必死な毎日でした。

さてさて、今年の秋の赤い実はいくつ収穫できるのでしょう?





[PR]
# by blackbird9280 | 2017-05-25 23:27

ズミとしゃくなげ

e0212037_22053995.jpg

柔らかな甘い香りが庭を包んでいます。
先日までつぼみは濃いピンクであったはずなのに、ほどけてしまうとその色は忘れて、あくまでも白く、白く・・・。

e0212037_22051360.jpg


生まれ育った家で見ていた懐かしいこの花の姿に、時間を忘れて見入っています。
夕方の5時を回った頃、それまでズミを取り囲んでいた眩しいばかりの光の量が抑えられ、一層きれいに・・・。
ようやく少しは雰囲気を伝えられる写真が撮れましたが、本当はもっと美しいのです。

(・・・わたしの技量が足りないだけ)

e0212037_22041512.jpg

こんな可愛らしい花をまとうズミの枝は意外と黒々と無骨な線で、裸木の時期の、きりりと孤高を装った感じがそれはそれで好きなのですが、4月の芽吹きから開花に至る日々の至福の時と言っても過言ではないくらいの美しさには、やはりこれはもうあと1本は持たねばならない、と固く決心させられたのでした。

(感動すると大仰な文になるいつもの癖はお許しを・・・)


e0212037_22034808.jpg



という訳で、昨年の春のつぶやきの件、ズミに軍配が上がりました。



ご近所の方のズミ畑に繰り出さなくっちゃ。
彼を駆り出さなくっちゃ。

e0212037_22191678.jpg


こちらは、ズミとは別の方に分けて頂いたしゃくなげ。
薄いピンクだと伺っていたのに、咲き始めがばらのローブリッターくらいの濃いピンクです。
お花が大きいだけに、存在感がありすぎです。
いや、はっきり言いましょう。
しゃくなげの色の強さが彼とわたしの不興を買っています。
すくすく育った庭からある日突然掘り上げられ連れてこられて、新しい庭の主には希望していた花色ではないと意地悪を言われるのですから、しゃくなげにとっては可哀想な話しです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブログを続けるモチベーチョンが上がらず、しばらくお休みしましたが、変わらず皆さんがこちらを訪れていて下さっていたことを知り、久しぶりに投稿しました。
長いことチェックもしていなかったのでコメントを頂いていたことにも気づかず、大変失礼をいたしました。
個々に、頂いたアドレスの方にお返事をしたいと思います。
それからメールでご心配頂いた皆さん、ありがとうございました。
やっと更新できました・・・!







[PR]
# by blackbird9280 | 2017-05-18 23:42